1000勝1000敗への長い長い道のり

北見市のテニスサークル「テニスチーム弾丸」スタッフのブログです。 当サイトはリンクフリーです。リンク、コメントなど歓迎致します。

カテゴリ: 練習

先日の北海道インドアにて計9セットを戦い、日曜日に帰宅して4時間練習、休みなく月曜日・火曜日も練習したことで、さすがに肩肘にダメージが溜まってきました。体力的には問題ないのですが、年齢とともに回復力は落ちているようです。
こんな時は最近取り組んでいることを整理しましょう。


両手バックハンドリターン

ストロークと同じように長くスイングするとミスにつながるので、体ごとぶつかるブロックリターンを練習しています。打点が前になる癖が矯正されて感触は良いのですが、キレの良いトップスライスに対してはラケットの根元に当たってしまうので、身体に向かって曲がってくる軌道に慣れる必要がありそうです。
練習でもバック側ばかり打ってもらうよりも、フォア側にも配球してもらった方が実戦的。グリップは色々試してみましたが、私は右手フォアのグリップで左手はスロート部を軽く持つのが合っていました。


スプリットステップ

ともかちゃんに「めっちゃ跳んでますよwww」、Y永さんに「常に頑張りすぎです」と言われたように、必要以上に大きくジャンプして沈み込んでいるので、かえって初動が遅れているそうです。
特にリターン時や前衛時にそれが顕著なので、軽くリズムをとるくらいが良いようですね。試してみたところ動きが軽くなり、体力の消耗も抑えられました。低いサーブに対してのリターンやローボレーなど身体を沈ませる動作も意外と楽にできましたが、力投派の私がこの脱力動作に慣れるには少々時間がかかりそうです。


バックハンドスライス

シングルスで散々苦しめられたY木沢師匠のバックハンドスライスを練習しています。今まで何度も取り組んでは失敗していたのですが、今回は習得の兆しが見えてきました。
おそらく原因はボレーのグリップをコンチネンタルにして練習していること。これでバックボレーの打点がかなり後ろになり、スライスも同様に引きつけて打てるようになったと思われます。まだ打点が前になってしまう癖が出ることもありますが、練習量が解決してくれるでしょう。
以前のスライスと比べると回転量が格段に上がり、球速が明らかに遅くなっています。これを使いこなせるとシングルスも面白いことになりそうです。


バックボレー

これはまだ試していないのですが、先程のバックハンドスライスを応用できるのではないか?と考えています。
Y木沢さんのバックボレーはバックハンドスライスと同じような腕の使い方をして、余裕があるときはスライスのように色々な球種を使ってきます。バックボレーでも回転量を調節したりサイドスピンを使えると、これも面白いことになりそうですね。



でも特にスライスやボレーは、練習しすぎると手首や肘に負担がかかります。
意識を高く持って短時間で効率良く習得したいものですね。

まあ私の場合、それができないから身体で覚えるまでひたすら打つんですがね(・∀・;)

最近の練習メモ

・バックハンドリターンはボールを引きつける。
・フォアハンドリターンも同じく、ボールを迎えに行かない。
・バックボレーもボールを引きつける。身体が前に突っ込むミスが出ている。
・ストロークはフォアもバックも体勢を低く、スタンスを広く。
・1stサーブはトスを前にして球威UP。2ndはトスを後ろめにしてネット上の高い位置を通す。
・おやつは300円まで。

よし行ってくる!

昼のポリ練、夜の強化練習、計4時間を完遂しました。
シングルスの練習もできたし、球足の速い体育館にも慣れてきたし、この土日で身体を締め直したし、これならば戦えそうです。ようやく練習不足の不安から開放されましたよ。

復調の原因はいくつかありますが、ストローク、特にボレーヤーに対してのストロークでスタンスを広く、体勢を低くしています。膝が床に着くほどでなければ、低く滑ってくるボレーを打ち返すことができませんので。
このとき体勢を低くするからといって、上半身が突っ込んではいけません。あくまで安定した下半身の上に垂直に上半身を乗せて、フォロースルーを水平に長くとるように心がけています。

一時的に不調だったのはおそらくトレーニング不足が原因で、低い姿勢を続けて下半身が疲れるのを嫌がっていたのかもしれません。やはりまずは筋肉ですよ。正しい技術は強靭な肉体に宿るのです。
そうか、わかったぞ。つまりは

ケツを鍛えればテニスが強くなる

ということですね。今年は鋼のケツを手に入れるよ!40-kinniku-white2

本日の青少年ホーム練習、参加者7名。
やはり一昨日の絶不調は一過性だったようで、今日は問題なく黄色いボールを打つことができました。

一昨日は下半身がバタバタと動いてしまい、身体のバランスが崩れたまま打っていた気がします。自分のイメージと実際の動きが違っていました。
これはひとえにトレーニング不足ではないか、単に筋肉量が足りないのではないかと思い、今日は練習前に道立体育館に行ってきましたよ。

ランニング25㎞+筋トレ+練習3時間、これだけやれば少しは動けるようになるでしょう。
なんかね、少し筋肉痛が出るくらいでないと不安になるのですよ。練習が足りないんじゃないか、限界までやってないじゃないかと。
計画的に休むのは良いけど、さぼったらいかん。ちゃんと お尻がケツになるまで練習しますよ。

本日の青少年ホーム練習、参加者11名。
賑やかで良い練習でしたが、私自信は絶不調でした(・∀・;)

サーブはキレもスピードもない、ストロークはネットに掛かる、ボレーはまともに当たらない、もうどうしたら良いのかわからないほど何もかもダメ夫になってしまいました。
比較的バウンドが速い道立体育館では調子が悪く、バウンドが遅い青少年ホームやR町体育館では調子が良いことが多いのですが、この青少年ホームで絶不調とは珍しい。ここまでエラーが多いとろくにラリーが繋がらず、2時間半の練習でもほとんど汗をかきませんでした。

まあ、たくさん練習していれば、こんな時もありますよ。ビール飲んで忘れてしまいましょう。


さて、いよいよ来週木曜日から北海道インドアテニストーナメント。
来週は少々寒いようですが、張り切って参りましょう。
少々寒い・・・少々?
rikubetu-30
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
-30℃って何ぞ。バナナで釘が打てるレベルじゃねえか・・・。

このページのトップヘ