1000勝1000敗への長い長い道のり

北見市のテニスサークル「テニスチーム弾丸」スタッフのブログです。 当サイトはリンクフリーです。リンク、コメントなど歓迎致します。

カテゴリ:戦績 > 2017年の戦績

2017/12/9 第2回ポリマー杯
1勝3敗 今季62勝48敗 通算534勝374敗


今年最終戦?昨年に続き、R町体育館にてポリマー杯開催。
人数と時間の関係で5ゲームマッチ、4-4タイブレーク(7ポイント先取)というちょっと変則ルールで行われた。


●2-5 N山さん・Y原さん(ペア:Dr.ゲコ)
サーブの感触は良かったが、N山さんにはぴったりタイミングが合うらしい。フォアもバックも狙い澄ましたようなリターンエースを取られた。ポーチに出ても構わず打ってくるし、まともに反応できない・・・というか未だにボレーのグリップが厚いので持ち替えが間に合わない。やはり薄いグリップを習得しないと上に行けないよね、という事を再確認してしまったような敗戦。


●4(4)-5 関ちゃん・あきもっち(ペア:Y原さん)
まだ体が温まっていない相手のミスに助けられて立ち上がりをブレイク。ストロークラリーも繋がったし前衛での動きも悪くなかったが、徐々に相手リターンのプレッシャーが強くなり中盤追いつかれる。後半は完全にポイント取得率で上回られて、タイブレークでも常に先行されてしまった。


○5-2 あきもっち・マリ姉(ペア:N尾さん)
今回は前衛で活躍できた!と言いたいところだが、N尾さんのサーブとストロークが深く強くてポーチが楽だっただけと思われる。積極的に先にポーチに出ることを心掛けた。
3回の40-40を全て取れて逃げ切ったが、逆のスコアでもおかしくなかったかも。


●4(5)-5 あきもっち・N村くん(ペア:ミスターX)
軟式出身のN村くんにできるだけバックでリターンさせたところ、フォア側を大きく空けてきたので今度はワイドへスライス。リターンゲームも順調で3-0と2ブレイクUPしたが、中盤以降ポーチを控えてからおかしくなった。
N村君のストロークが安定して、逆にあきもっちに積極的にポーチに出られて4ゲーム連続で取られてしまった。
なんとか追いついてタイブレークも3-0までリードしたのに、またしても追いつかれ逆転。やはりリードしている時は戦術を変えてはいけないという反省。


2017/11/18 遠軽インドアダブルス
1勝2敗 今季61勝45敗 通算533勝371敗


インドアシーズン初戦、遠軽インドアにY原さんと出場。
今年は旭川からの参加者が多くて平均レベルが高いな!


○6-1 予選リーグ第1試合

地元M城さん・K賀さんペア。まずは気持ち良くサーブとストロークを打っていこう・・・と思ったが、お互い体育館のバウンドにまだ慣れていないのでストロークは打ち切れない。サーブだけは振り切れたので、Y原さんのポーチで安定してキープ。
リターンも今ひとつ。タイミングがずれて引っ掛けてしまうことが多かったので、まずは面を合わせるだけ。
私より特にM城さんの方が体育館のバウンドに慣れていなかったので助かったが、思い切りボールを打てずもどかしい感触だった。


●6(2)-7 予選リーグ第2試合

旭川市より出場のU野さん・Y原さんペア。
U野さんのボールを叩き潰すようなサーブにまず苦しんだ。オムニコートで対戦した時よりバウンドが低く滑るのか、ネット上まで持ち上げられない。ようやくまともにリターンできるようになったのは2巡目からだった。
自分のサーブは1巡目好調で、全て1stサーブが入って楽々キープ。しかしブレイク先行した後の2巡目で調子に乗ってしまったのか、ダブルフォルト2回で簡単にブレイクバックされてしまった。得意のアドサイドワイドが突然入らなくなったのは何故だろう?トスの位置がずれていたのか、ラケットやや下に当たってネットミスだった。
そのままオールキープでタイブレーク突入。序盤互角の勝負で2-3からY原さんのサーブ、良いタイミングでポーチに出た!あとは仕留めるだけ!という場面でボレーミスしてしまいこれが致命傷。相手の調子が上がらずチャンスはあったと思うが、最後で仕留めきれなかった惜敗。


●1-6 予選リーグ第3試合

K野さん・G藤さんペア。前の相手ほどの球威はないし、しっかりボールを捕まえることができれば・・・と思って臨んだが、これが上手くいかなかった。手元まで呼び込んで打つと振り遅れ、前で捕らえようとすると待ちきれず、Y原さんも私もタイミングを合わせるのに時間がかかってしまい、セミアドバンテージ2回をことごとく取られて0-4。
ここまで来たら開き直って打つしかないな!と自分のタイミングで振り切ると、ようやくまともなリターンとストロークが返った。久しぶりに気持ち良くストロークを打ってブレイクしたが、直後またしてもダブルフォルト絡みでブレイク。
相手のタイミングに合わせすぎてしまったかな、大事に行きすぎて打ち切れなくなってしまったかな、という悔いが残る敗戦になってしまった。



今回に限らず、しばらく前からフォアのリターンとストロークが崩れていますね。
原因はスピンをかけようとしてラケットが下から出すぎていることでしょうか。ボールを呼び込んで手元でスピンをかけようとしているのが悪いのか、ラケット面が動いてうまくインパクトできていないような気がします。

以前は何も考えなくても気持ち良く打てていたので退化しているという事になりますが、たぶんこれも必要なプロセスなのでしょう。
何も考えずに打つよりも、悩んで困って考えて身に付けた技術の方が自分のものになずはずです。
ペアのY原さん、結果は残念でしたがありがとうございました!しっかり悩んで考えて練習しておきます!

2017/11/2 0勝1敗 今季60勝43敗 通算532勝369敗

●4-6 H澤くん・Hくん(練習試合 ペア:HRくん)

活きのいい若者3人とおっさん1人。こういう場合は若者の強打に付き合わず大人のテニスをするのが賢い選択だが、あいにく私にそんな技術はない。正面からストロークの打ち合いを挑んだが、相手側にほとんどミスがない上にトップスピンロブなどを交えられて困った。2ブレイクされて0-3。
流れを変えなければ・・・と思って無理矢理ポーチに出たのが奏功。前衛時の動きが良くなって3-3と追いついたが、それでもなかなか崩れてくれない。後で考えるともっとポーチの頻度を上げてプレッシャーをかけるべきだったかも?そもそもゲームの最初から出るべきだったかも?とにかく相手二人のサーブとストロークで押し切られた敗戦。

試合前の2対1ストロークで気づいた・・・というか夏には気づいていたが、走らされたときのストロークが安定しない。軸足が決まらず体勢を崩してしまい、まともに打ち合えない。
これは下半身が安定していないのかも?フォーム以前に下半身と体幹を鍛え直す必要があるな!

2017/10/28 0勝1敗 今季60勝42敗 通算532勝368敗

●3-6 K地さん・TKDさん(練習試合 ペア:関ちゃん)

開始早々フォアハンドストロークの調子がおかしい。今年に入って時々あることだが、順クロスが入るイメージが全く湧かずネットに掛けるミスが続出。逆クロスなら普通に打てるので、身体の向きの問題?何とかラリーが繋がるようになった頃には既に0-3。
関ちゃんがリターンもボレーも一人で頑張ってくれているうちに少しずつ調子を取り戻し3-3。もう大丈夫!と思ったら、今度は前衛での動きがおかしくなってきた。K地さんのストロークが全部ストレートに見えて動けず、足が止まったところに中ロブなど中途半端な高さとスピードが来て迷ってしまい再度リードを許す。
第9ゲームは0-40から開き直ってサーブとストロークを思い切り打ち込みデュースまで持ち込んだが、最後はまたフォアをネットにかけてしまい終戦。

ここまで調子が上がらなかったのは網走ダブルス以来?最後フォアをネットに掛けたのも、弱気ではなく力が入りすぎてしまったのも同じような負け方と言えそう。
順クロスが入らないのは技術的な問題がありそうだけど、まあ敗因は単純に練習不足ですね。ヘタクソなんだから毎日打たなきゃ!出張とか行ってる場合じゃないな!

2017/10/22 1勝0敗 今季60勝41敗 通算532勝367敗


○6-0 Y先生・TKDさん(練習試合 ペア:Y岸さん)

今日気をつけること①サーブのグリップを薄く
グリップを薄くしてスイングの軌道を変えたことで改良されたサーブ、最近また元に戻ってきた気がするので改めて注意してみた。やはりこれならフルスイングして高い軌道で入るので安定する。4試合でダブルフォルト1回、コースも厳しく狙えたので良しとしよう。球威を上げるのは今後の課題。

今日気をつけること②ストロークの軸足に力を入れる
先日のプロコーチ講習会で教えてもらったことを改めて意識してみた。アップの時から試してみるとやはり球威が増す。ただしどんな球にでも有効なわけではなく、充分に踏み込んで打てる場合に使うと良い。

久々の練習試合でポーチのタイミングなど忘れていることも多かったが、徐々にテニスといふものを思い出してきた。落ち葉の片付けなど大変だったけど、残り少ない外テニスを楽しむよ!

このページのトップヘ