1000勝1000敗への長い長い道のり

北見市のテニスサークル「テニスチーム弾丸」スタッフのブログです。 当サイトはリンクフリーです。リンク、コメントなど歓迎致します。

少々古いニュースになりますが、アメリカの家庭用ゲーム機メーカー「Atari」が据置型ゲーム機を開発中だそうです。
この「Atari」というメーカー名にピンと来た人はなかなかのゲームマニアでしょうし、このニュースを聞いて「おいおい大丈夫か?」と思った人はかなりのクソゲーマニアでしょう。

Atariは家庭用ゲーム黎明期に飛躍したメーカーで、歴史に残る名作ソフト「スペースインベーダー」「パックマン」の大ヒットから主力ハード「Atari 2600」が爆発的な売上を記録したのです。
atari2600(Atari 2600)

しかし1983年。ゲーム機本体もゲームソフトも全く売れず、売上前年比90%以上減という異常事態が発生します。それもAtariに限った話ではなく、他のゲームメーカーも同様でした。
後のゲームマニア、クソゲーマニアが言う「アタリショック」という現象です。

原因は「粗製乱造」と言うしかないゲームソフトの質の低下、劣悪なコピー品の流通などが挙げられ、中でも有名なクソゲー「E.T.」はその象徴、史上最低のクソゲーとも言われています。
さらにその「E.T.」は数百万本の在庫を埋立地に廃棄処分したのですが、近年それが発掘され国立アメリカ歴史博物館に収蔵されるというニュースにまでなりました。
atari et

さて、Atariはこの汚名を返上し、再びゲーム機メーカーとして返り咲くことができるのでしょうか。
史上最大のクソゲーメーカーとして 一世を風靡したゲームメーカーとして、その名に恥じない笑えるクソゲーを 名作を期待したいものです。

北見テニス協会の室内練習が始まりましたよ。
基本的に水曜日・日曜日の19:00~21:00ですが、日時が異なる場合もあるので協会HPで確認してください。
また、弾丸メンバーの申込は私が取りまとめていますので、参加希望の方はご連絡ください。

さて初日の練習は・・・まあこんなもんですかね。
タイミングやバウンドが合わないのは仕方ありません。これから徐々に合わせていきますよ。

今冬の目標は「ボレーのグリップを薄く」。
フォアボレーのグリップがものすごく厚いので、実はバックボレーを打つときに持ち変えているのです。
証拠写真はこちら。
asahikawa201608
今まではこれで何とか戦ってきたのですが、相手のレベルが上がると持ち替えるヒマなどありません。
数年前から指摘されていたので昨年・一昨年と直そうとしたのですが、グリップを変えるとまともに当たらず、さらにテニスエルボーが悪化したので断念していたのです。

思えば昨年の冬は肘痛でほとんど練習できず、みんなが気持ち良くラリーしている音に耳を塞いでランニングコースを回る日々でした。
今年はもう大丈夫。思い切り走って、再び黄色いボールを打てることに感謝です。

wasabi20171101
わさびなのだ。
秋深まり冬の足音近づく今日この頃、皆様いかがお過ごしなのだ。

soba20171101
先日、弾丸そば部部長かよりんの家に行ってきたのだ。
目的はもちろんそば打ちなのだ。

soba20171102
そば粉と水を混ぜてこねて伸ばして切るのだ。

soba20171103
出来上がったものがこちらなのだ。

wasabi20171102
手の構造上、わさびには少々難しいようなのだ。
でも、そばと言えばわさびらしいのだ。よくわからないのだ。

東陵公園コートでは備品撤収が始まった頃でしょうか。
今回は札幌滞在中のため参加できなくて申し訳ありません。
北見地方では15㎝ほど雪が積もったとの情報もありますが、大丈夫でしたかね・・・。

札幌では病弱プレイヤーひなしー達と練習してきましたよ。
今度こそ、今度こそ今年最後の屋外練習です。これ以上外でやるには函館か本州まで行かなければなりません。

ほんとにほんとにこれで最後だよ!
今日はちょっち予定終わらせたあとはヒマだけど、着替え持ってきてないしなー。
札幌で午後から練習するけど来ない?とか言われても行けないなー。
あーこれで最後だなー。
残念だなー。



(/ω・\)チラッ 




あーあ残念だなー。
もう外でテニスできないなー。



|д゚)チラッ

2017/11/2 0勝1敗 今季60勝43敗 通算532勝369敗

●4-6 H澤くん・Hくん(練習試合 ペア:HRくん)

活きのいい若者3人とおっさん1人。こういう場合は若者の強打に付き合わず大人のテニスをするのが賢い選択だが、あいにく私にそんな技術はない。正面からストロークの打ち合いを挑んだが、相手側にほとんどミスがない上にトップスピンロブなどを交えられて困った。2ブレイクされて0-3。
流れを変えなければ・・・と思って無理矢理ポーチに出たのが奏功。前衛時の動きが良くなって3-3と追いついたが、それでもなかなか崩れてくれない。後で考えるともっとポーチの頻度を上げてプレッシャーをかけるべきだったかも?そもそもゲームの最初から出るべきだったかも?とにかく相手二人のサーブとストロークで押し切られた敗戦。

試合前の2対1ストロークで気づいた・・・というか夏には気づいていたが、走らされたときのストロークが安定しない。軸足が決まらず体勢を崩してしまい、まともに打ち合えない。
これは下半身が安定していないのかも?フォーム以前に下半身と体幹を鍛え直す必要があるな!

このページのトップヘ