1000勝1000敗への長い長い道のり

北見市のテニスサークル「テニスチーム弾丸」スタッフのブログです。 当サイトはリンクフリーです。リンク、コメントなど歓迎致します。

ミスターXのテニスサークル「ポリマー」の練習会、略して「ポリ練」に行ってきましたよ。

ポリ練は決して初心者お断りではないのですが、もし初級者が参加したらまず泣きますね。
道東では名の知れた人達ばかりが揃って、ボールを拾う間も惜しんでひたすらラリーしています。体力に自信があるY原さんや私でもラリーが続くと少々辛いくらいです。


このレベルの相手と打ち合っていると厳しいボールが多く、色々気付かされることがあります。

まず私はストロークラリーのとき無駄な動きが多いですね。先述の通り体力には自信があっても、バタバタした足取りで落ち着きなく常に動きまわっているので、エネルギーロスが多くて疲れます。自分の打球から相手の打つコースを予測して、余裕を持って待っていなければなりません。

それからリターンのコツを思い出しました。一歩前にステップインして捕らえると、ラケットを振り回さなくても強いリターンが返ります。相手前衛との距離が近いぶん、ポーチにも捕まりにくいと思います。最近の私は強いリターンを打とうとしてラケットを振り回していたことで、当たり損ねが多かったのでしょう。

2時間の練習の中にたくさん収穫がありました。これらを元に次の練習に活かしていきますよ。


さて、肘の具合が良くなったので以前使っていた300gのラケットに戻し、それでも痛くならないので調子に乗ってポリガット張ってみよう!と張替えをお願いしたら、みんなに全力で止められました(・∀・;)

わかったよ、わかりましたよ。ナイロン張りますよ。
せっかくロールで買ったポリガットあるのになー・・・いつ使えることやら。

日曜日の練習から、以前使っていたラケットに戻してみましたよ。
複数の人から「フレームが硬くて肘を痛めやすいかも」「良いラケットだけど少し打ったら肘が痛くなった」と言われて封印していたのですが、テニスエルボー完治とはいかないまでもかなり良くなったので解禁してみたのです。

やはり良いですね。白帯に掛かるかな?と思った打球がネットを超えていくし、軽く足元に落とすショットもイメージ通りに打てました。思い切りひっぱたくようなショットはまだ安定しませんが、少し練習すれば使えそうです。
それから、リターンやストロークでの引っ掛けるようなフレームショットが少なくなりました。インパクト時のラケット面が安定している気がします。
これらはもちろん最近使っていたラケットが悪いのではなく、上手く使いこなせていない自分の技術が問題です。ラケット重量が285gと少し軽めだったことも影響していたのかもしれません。

ラケットなんて網に棒がついていればいいとか言っていた私が、少しは道具の大事さが分かってきたのでしょうか。
いや、自分がヘタクソなのを道具のせいにしてるだけかも(・∀・;)

マラソン大会に興味が出てきました。
いや、元陸上部だし特に意味もなく走るし、長い距離を走ることに抵抗はないのですが、大会となるとお金を払ってただ走るだけ?という消極的な思いがあったのです。

でもY永さん、鉄人しもさん、Cかさんなど身近なテニスプレイヤーでマラソン大会に出場している人達がいて少し話を聞いてみたところ、チェックポイントで開催地の名物が食べられたり参加賞が充実していたり、完走証がもらえるなど色々楽しめそうなイベントに思えてきました。
私でも少し頑張ればハーフくらい完走できそうだし、何より基礎トレーニングのモチベーションUPにつながりますからね。もし完走できれば、トレーニングさぼらなかったよ!という自信にもつながりそうです。

もちろんマラソンランナーに転向するわけではなく、あくまでテニスのためのトレーニングとしてです。
特にシングルス、それも8ゲームマッチや3セットマッチとなると体力が勝敗に関わる割合が高くなってくるでしょう。
体力に自信があれば長いラリーを嫌がることもなくなるし、相手が持久戦を嫌がるようなら敢えて長い試合にするなど、戦術に組み込むこともできます。最後まで身体のバランスを崩すことなく打てるという利点もありますね。


等々、テニスとマラソンの親和性は非常に高いのではないか?と考えるに至ったのです。
やはりスポーツは心・技・体すべてが揃わなければ強くなれません。この一歩は全日本ベテランに通じていると信じて走り続けるよ!

道立体育館のランニングマシンで21㎞ほど走ってきましたよ。
ちょうどハーフマラソンの距離で2時間半弱かかったので、なんとか救護車に乗らずに済むペースですかね。

なんかね、道立体育館のランニングマシンにはカロリー消費量に合わせて画面に食べ物が表示されるのですよ。
飴→カフェオレ→寿司→ソフトクリーム みたいに。
これが楽しくて前回は15㎞ほど走りパエリア550kcalを完食したのですが、ステーキ700kcalは食べ残してしまったのです。
今回は全部完食するぞ!メニューの端から全部持ってこい!との覚悟で臨み、ステーキ700kcalに続いてラーメン800kcal、カレーライス900kcal、カツ丼1000kcalを完食。1200kcal超を消費しました。


これに加えて協会練習3時間。ええ、昨日の敗戦が悔しかったのでトレーニングも練習も思い切りやりましたよ。
愛用の活動量計によると総歩数46726歩、総消費エネルギー量3942kcal、活動エネルギー量2385kcal、脂肪消費量271.5g。全て普段の3倍程度の数値を叩き出しました。


そして本日の総歩行距離、41.9㎞。
あと295m走ってくるか・・・。

2017/11/18 遠軽インドアダブルス
1勝2敗 今季61勝45敗 通算533勝371敗


インドアシーズン初戦、遠軽インドアにY原さんと出場。
今年は旭川からの参加者が多くて平均レベルが高いな!


○6-1 予選リーグ第1試合

地元M城さん・K賀さんペア。まずは気持ち良くサーブとストロークを打っていこう・・・と思ったが、お互い体育館のバウンドにまだ慣れていないのでストロークは打ち切れない。サーブだけは振り切れたので、Y原さんのポーチで安定してキープ。
リターンも今ひとつ。タイミングがずれて引っ掛けてしまうことが多かったので、まずは面を合わせるだけ。
私より特にM城さんの方が体育館のバウンドに慣れていなかったので助かったが、思い切りボールを打てずもどかしい感触だった。


●6(2)-7 予選リーグ第2試合

旭川市より出場のU野さん・Y原さんペア。
U野さんのボールを叩き潰すようなサーブにまず苦しんだ。オムニコートで対戦した時よりバウンドが低く滑るのか、ネット上まで持ち上げられない。ようやくまともにリターンできるようになったのは2巡目からだった。
自分のサーブは1巡目好調で、全て1stサーブが入って楽々キープ。しかしブレイク先行した後の2巡目で調子に乗ってしまったのか、ダブルフォルト2回で簡単にブレイクバックされてしまった。得意のアドサイドワイドが突然入らなくなったのは何故だろう?トスの位置がずれていたのか、ラケットやや下に当たってネットミスだった。
そのままオールキープでタイブレーク突入。序盤互角の勝負で2-3からY原さんのサーブ、良いタイミングでポーチに出た!あとは仕留めるだけ!という場面でボレーミスしてしまいこれが致命傷。相手の調子が上がらずチャンスはあったと思うが、最後で仕留めきれなかった惜敗。


●1-6 予選リーグ第3試合

K野さん・G藤さんペア。前の相手ほどの球威はないし、しっかりボールを捕まえることができれば・・・と思って臨んだが、これが上手くいかなかった。手元まで呼び込んで打つと振り遅れ、前で捕らえようとすると待ちきれず、Y原さんも私もタイミングを合わせるのに時間がかかってしまい、セミアドバンテージ2回をことごとく取られて0-4。
ここまで来たら開き直って打つしかないな!と自分のタイミングで振り切ると、ようやくまともなリターンとストロークが返った。久しぶりに気持ち良くストロークを打ってブレイクしたが、直後またしてもダブルフォルト絡みでブレイク。
相手のタイミングに合わせすぎてしまったかな、大事に行きすぎて打ち切れなくなってしまったかな、という悔いが残る敗戦になってしまった。



今回に限らず、しばらく前からフォアのリターンとストロークが崩れていますね。
原因はスピンをかけようとしてラケットが下から出すぎていることでしょうか。ボールを呼び込んで手元でスピンをかけようとしているのが悪いのか、ラケット面が動いてうまくインパクトできていないような気がします。

以前は何も考えなくても気持ち良く打てていたので退化しているという事になりますが、たぶんこれも必要なプロセスなのでしょう。
何も考えずに打つよりも、悩んで困って考えて身に付けた技術の方が自分のものになずはずです。
ペアのY原さん、結果は残念でしたがありがとうございました!しっかり悩んで考えて練習しておきます!

このページのトップヘ