1000勝1000敗への長い長い道のり

北見市のテニスサークル「テニスチーム弾丸」スタッフのブログです。 当サイトはリンクフリーです。リンク、コメントなど歓迎致します。

我がチームの頭脳担当、Dr.ゲコが先日の北海道インドアのスコアを記録してくれました。
使用したソフトはスマホアプリ「データテニス」http://datatennis.net/score-app/
記録したスコアを基にスタッツを集計・表示してくれる優れ物です。例として今回はダブルス準決勝、S崎さん・Y木沢さん戦のスタッツを見てみましょう。(Finalセットのスーパータイブレーク分は含みません)

【S崎・Y木沢 6-3、2-6、10-5 怪鳥・Y原】
20190209stats1
タブは1stセットになっていますが、2セットの合計データのようです。

感覚通り1stサーブの入りは良かったようで、デュースサイド80%、アドサイド79%の計79%。5回中4回も1stが入れば、サービスゲームは自分達のリズムで進められるでしょう。
対するS崎さん・Y木沢さんは55%、やや1stサーブには苦しんだようです。

しかし我々は1stサーブが入ったときに43回中25回、58%しかポイントできていません。サーブの球威は出ていたと思うのですが、あまりコースを散らしていなかったことが原因でしょうか。対するS崎さん・Y木沢さんの1stサーブが入ったときのポイント取得率は80%。サービスの球威とコースでしっかり優位を確立していたのでしょう。

逆に2ndサービスでのポイント取得率は我々63%、相手が45%。特に2ndセットでは相手の2ndサービスを強くリターンして有利に進めた感触があります。アドサイドY原さんは9回中3回の33%しか相手にポイントを許しておらず、定評通りのリターン力を示しました。
ただしこちらのサーブ、アドサイドY木沢さんのリターンに対しては40%であり、やはり私とY木沢さんのバックハンド打ち合いは不利と思われます。

相手の1stサーブに対するリターン成功率は我々52%、相手81%。これは単純にお互いのサービス力が表れたものでしょうか。感覚的にはアドサイドY原さんの方がリターンできていたと思っていたのですが、確率的にはほぼ変わりませんね。私の方は当り損ねリターンがとりあえずコートに入って、簡単にべちっと決められたのかもしれませんが・・・。

相手の2ndサーブに対するリターン成功率は81%-75%、お互いに悪くありません。5回中4回リターンが返ればブレイクのチャンスは十分あるでしょう。私も夏場のリターン不調からは抜けだしたようですね。

この画面には表示されていませんが、2ndセットまでの総ポイント数は51対48。2ブレイクずつを奪い合ったほぼ互角の勝負を表しています。これにスーパータイブレーク10-5を足すと61対53、やはり形勢が傾いていますね。



ふむ、これは面白い。
データを蓄積すればするほど有用な資料になり、これを基にして練習したり戦術を立てることができそうです。
まあ私が考えると「もっと速いサーブ打つ」とか「もっとフォアストロークぶち込む」とかになりそうなので、その辺も頭脳担当にお願いしましょうかね(・∀・;)

国民的RPG「ドラゴンクエスト」が、シリーズ初の3DCGアニメ映画として8月2日から公開されるそうです。

DQyour
さて・・・これはどうなりますかね。
ドラクエと双璧を成す国産RPG「ファイナルファンタジー」がフルCG映画化され、盛大にコケて130億円の赤字を出したのはまだ記憶に新しい2001年。その後エニックスと合併し、FF8以降のヒットで傷が癒えたとはいえ、スクゥエアとしては同じ轍を踏む訳には参りません。

まあ、その辺は心配ないでしょう。映像が売りのFFと違い、ドラクエはそれほどCGの作り込みを要求されないはずです。草原でスライムが飛び跳ねたり、森の中をドラキーが飛んでいる映像に過剰なリアリティは必要ありません。適切な予算でのどかな世界観を表現してくれれば良いのです。

さてこのドラクエ映画、原案は「ドラクエ5」だそうです。
ふむふむなるほど。1~3のように「勇者が魔王を倒す」という単純な話ではなく、ストーリーでも盛り上げようというのですね。
ドラクエ5は売上本数こそシリーズ内で下位になりますが、親子三代に渡る壮大なシナリオは非常に評価が高く、主人公は歴代のドラクエ勇者に比べても激動の人生を送るのです。(内容はネタバレのため反転)
母親は行方不明、父親が自分のせいで殺される、奴隷になって強制労働、樽で海を漂流、石像になって売られる、石像のまま十数年放置、とにかくひどい目に逢います。さぞかし山場の多い展開になるでしょう。


そして極めつけが例のイベントですよ。ドラクエ史上初の試み、花嫁選び。
子供の頃一緒に冒険した活発なお姉さんビアンカと、清楚で可憐な豪商の娘フローラ。(リメイク版では3人目のわがまま娘デボラが追加)いずれかを結婚相手に選ばなければならないのです。
DQ5yome
ビアンカ派は「金持ちの娘より幼馴染だろjk」「フローラは選ばれなかったらさっさと結婚する。ビアンカは主人公を想って山奥で一人。俺が幸せにしなければ」「フローラ選ぶ奴は金が目当て」
フローラ派は「黒髪ロング清楚は大正義」「ビアンカ?そんな奴いたっけ」「正直スペックで選びましたすいません」
新しく現れたデボラ派は「第三勢力現る」「デボラの良さは結婚してからわかる」「小魚になりたい」

などと主張し、「きのこたけのこ戦争」と並ぶ「ドラクエ嫁論争」として現在も決着を見ない泥沼の戦いが繰り広げられているのです。映画ではとうとうこの嫁論争に終止符が打たれると予想され、

優勢のビアンカ派は「【朗報】ビアンカ様、映画にて正妻に決定」
やや劣勢のフローラ派は「映画はどうせビアンカなんだろ」
少数勢力のデボラ派は「俺は小魚だから関係ない」

などと各派閥のツイート合戦が盛り上がっています。
たけのこフローラ派の私としては、きのこビアンカ派を撲滅すべく立ち上がらねばなりますまい。
rudoman
よし、間を取ってルドマン派にしよう。
映画でこれやってくれたら面白いなー。

北見テニス協会主催の室内テニス講習会が始まります。


日程 : 2月27日、3月6日、13日、20日(水曜日)
時間 : 19:00~20:45
場所 : 北海道立北見体育センター
参加費 : 会員2000円(冬季室内利用申込済の方は1500円)、非会員2500円
対象者 : 初級~初中級の方
定員 : 8名
締切 : 2月24日



ラケットを持っていない方は貸出ししてくれるそうです。是非この機会にテニスを始めてみてください。
当ブログでもお馴染みのSちゃんが親切丁寧に教えてくれますよ(・∀・)ニヤニヤ

申込先その他、詳細は北見テニス協会HP http://klta.sakura.ne.jp/ をご覧ください。

先日の北海道インドアにて計9セットを戦い、日曜日に帰宅して4時間練習、休みなく月曜日・火曜日も練習したことで、さすがに肩肘にダメージが溜まってきました。体力的には問題ないのですが、年齢とともに回復力は落ちているようです。
こんな時は最近取り組んでいることを整理しましょう。


両手バックハンドリターン

ストロークと同じように長くスイングするとミスにつながるので、体ごとぶつかるブロックリターンを練習しています。打点が前になる癖が矯正されて感触は良いのですが、キレの良いトップスライスに対してはラケットの根元に当たってしまうので、身体に向かって曲がってくる軌道に慣れる必要がありそうです。
練習でもバック側ばかり打ってもらうよりも、フォア側にも配球してもらった方が実戦的。グリップは色々試してみましたが、私は右手フォアのグリップで左手はスロート部を軽く持つのが合っていました。


スプリットステップ

ともかちゃんに「めっちゃ跳んでますよwww」、Y永さんに「常に頑張りすぎです」と言われたように、必要以上に大きくジャンプして沈み込んでいるので、かえって初動が遅れているそうです。
特にリターン時や前衛時にそれが顕著なので、軽くリズムをとるくらいが良いようですね。試してみたところ動きが軽くなり、体力の消耗も抑えられました。低いサーブに対してのリターンやローボレーなど身体を沈ませる動作も意外と楽にできましたが、力投派の私がこの脱力動作に慣れるには少々時間がかかりそうです。


バックハンドスライス

シングルスで散々苦しめられたY木沢師匠のバックハンドスライスを練習しています。今まで何度も取り組んでは失敗していたのですが、今回は習得の兆しが見えてきました。
おそらく原因はボレーのグリップをコンチネンタルにして練習していること。これでバックボレーの打点がかなり後ろになり、スライスも同様に引きつけて打てるようになったと思われます。まだ打点が前になってしまう癖が出ることもありますが、練習量が解決してくれるでしょう。
以前のスライスと比べると回転量が格段に上がり、球速が明らかに遅くなっています。これを使いこなせるとシングルスも面白いことになりそうです。


バックボレー

これはまだ試していないのですが、先程のバックハンドスライスを応用できるのではないか?と考えています。
Y木沢さんのバックボレーはバックハンドスライスと同じような腕の使い方をして、余裕があるときはスライスのように色々な球種を使ってきます。バックボレーでも回転量を調節したりサイドスピンを使えると、これも面白いことになりそうですね。



でも特にスライスやボレーは、練習しすぎると手首や肘に負担がかかります。
意識を高く持って短時間で効率良く習得したいものですね。

まあ私の場合、それができないから身体で覚えるまでひたすら打つんですがね(・∀・;)

2/7~10に旭川で開催された北海道インドアテニストーナメントに出場して参りました。
私の対戦結果は 2019/2/8の戦績 、2019/2/9の戦績 にUPしてあります。

さてこの大会、一般の部には毎年JTAランキング100位前後の方も出場しています。本来ならばお金を払って観るようなプロ級の試合が無料で観られる、そして同じ場所で自分も試合ができるというのはテニスプレイヤー冥利に尽きますね。自分は出場していないDr.ゲコもなぜか(有給を取って)毎年観戦に来ています。

今年はそのゲコちゃん、Y原さんと私の試合を録画してくれただけでなくスコアを記録して、スタッツを取ってくれました。1stサーブの確率、サーブが入ったときのポイント率、リターン成功率など、テレビ中継でよく出るアレです。
さすがは我チームの頭脳担当、データに基づくアドバイスには説得力がありました。スタッツについては面白いブログネタなので別な機会に触れましょう。

ダブルスペアのY原さんはミスターフルセットの異名通り、今回も4試合中3試合でFinalセットを楽しんでいましたよ。それどころかY原さんが最初に入ったCコートは自らの2試合も含めて6試合中5試合でFinalセットに突入して試合進行が遅れに遅れ、「呪いのCコート」と呼ばれていました。
Cコートの試合予定が1個少ないのはY原さんの試合が2つ入っているからではないか、運営の方々も慣れていて最初から試合を少なくしたのではないか、という噂まで流れていたほどです。それらの期待に応えるとはさすがエンターテイナーですね。

我々が出場した45歳以上の部、シングルス優勝はY木沢師匠、ダブルス優勝はK本さん・K藤さんペア。一応私もシングルス・ダブルス共に初戦突破して2日目の準決勝に進出です。
しかし2日目・3日目を想定して洗濯ネットまで持参していたY原さんとは対照的に、私はテニスウェア3着・タオル2枚しか持っていませんでした。部屋でウェアを手洗いしながら、これが準備不足か、勝ち慣れている人との違いかと感じたものです。Y木沢師匠に至ってはテニスウェア6着を大会中に洗濯しながら着回しているそうです。

よし、私も次からは決勝戦を想定して準備しますよ!
まずはテニスウェア6着を揃えるところからですね(・∀・;)

このページのトップヘ